• トップ >
  • 闘うトップ >
  • 「幻のスポーツカー」をEVで復活させ京都の底力を世界に発信したい

闘うトップ

index_group26.gif

「幻のスポーツカー」をEVで復活させ京都の底力を世界に発信したい

月刊「ニュートップL.」 2013年10月号 編集部

16年前、わずか206台を納車して販売中止に追い込まれた幻の名車「トミーカイラZZ」。今春、京都のベンチャー企業グリーンロードモータースが、そのコンセプトを受け継ぎながらEV(電気自動車)として復活させた。小間裕康社長が、その開発の経緯を語る。

グリーンロードモータース株式会社社長  小間裕康氏ことし4月、一部の愛好家や関係者が「幻のスポーツカー」と呼ぶ名車がEV(電気自動車)として復活し、話題を集めた。運輸省令による保安基準の改正によって、1997年の発売後、206台を納車しただけで販売中止に追い込まれた「トミーカイラZZ」である。

日本初のピュア・スポーツカー(通常車両の進化モデルではなく、走行性能を追求した狭義のスポーツカー)とされるトミーカイラZZは、1973年設立のトミタ夢工場(2003年、民事再生手続きを申請)が開発。アルミモノコックにFRPをかぶせただけの超軽量ボディなど、斬新な車体設計によって「公道を走れるレーシングカー」というコンセプトを実現した。京都を拠点とする独立系チューニングカー(通常車両に改良を加えて諸性能を向上させた車)メーカーとして異彩を放った同社の代表作で、同社社長の富田義一氏と副社長の解良(かいら)喜久雄氏が念願した理想のクルマだったが、完成したのは「互いに爺(ZZ)になってから」とのネーミングに関する諧謔(かいぎゃく)めいたエピソードも伝わる。販売中止を余儀なくされたとき、受注残は400台以上にのぼったという。

EVとして復活したトミーカイラZZの開発を主導したのは、グリーンロードモータースの小間裕康社長。富田氏から商標権を譲り受けるなど、旧トミタ夢工場のバックアップを得て、2010年から開発に着手。最新の車体設計技術により剛性・強度を高め、国内保安基準をクリアした。造形は、再結成されたオリジナル車のデザインチームが担当した。

価格は800万円。今年度は限定99台の受注生産ながら、反響は大きく、来春納車予定の第一次募集は完売。同社には、すでに100件を超える購入希望の問い合わせが寄せられている。 ◇    ◇    ◇ 実は当初、スポーツカーをつくろうなんて考えてもいなかったんです。そもそも、私どものようなベンチャーが自動車産業に参入すること自体、無謀なのではないかという不安も拭(ぬぐ)えませんでした。でも、EVなら可能性がある。環境問題を考えると、今後、有望な市場であるのは間違いありません。

加えて、小資本でもできます。というのは、EVは構造が単純なんですね。やや語弊(ごへい)はありますが、ラジコンカーに近いと考えて、そう大きく間違ってはいないと思います。ですから、部品の数はガソリン車の10分の1程度で済む。しかも、その大部分は既製の部品を流用することができるんです。より低コストな小型車に的を絞れば、ベンチャーにも勝機はある。そう考えて、創業の少し前、私はEVを開発する海外のベンチャーをいくつか視察しました。

でも、私は自分の見込み違いに気づきました。気づかせてくれたのは、米国のテスラモーターズです。EVの加速感を実感して、衝撃を受けたんです。もちろん、スポーツカーに乗るのは初めてではなかったのですが、いままでとは次元が違うと言うべきか、とにかく味わったことのない世界で、文句なしに面白い。私もEVスポーツカーに挑戦したいと直感的に思いました。そして、具体的に研究してみると、様々な点で好都合であることがわかりました。

エンジェルに救われた資金不足の危機

▲トミーカイラZZ。現在、グランフロント大阪「ナレッジキャピタル」内のエキシビジョンブースに常設展示されている 何より、加速感ですね。小型車ではデメリットでしかありませんが、スポーツカーにとっては大きな魅力です。トミーカイラZZの場合、発進時、3.9秒で時速100キロに達します。通常のガソリン車なら10秒、スポーツカーでも6~7秒はかかるでしょう。

そして、航続距離も致命的な欠点にはなりにくい。大手メーカーのEVに対抗するには、小型車の場合、400キロくらいは欲しいところです。でも、スポーツカーなら1日に数10キロも走れればよくて、長く走ることより速く走ることのほうが重要なんです。トミーカイラZZのフル充電時の航続可能距離は、120キロ以上です。

同時に、ベンチャーの弱点を強みに変えることもできます。スポーツカーは、希少性が価値につながるからです。大量生産できなくても、コスト面で採算ベースに乗っていれば、大手メーカーと同じ土俵で戦わなくて済むわけです。

こうしていろいろ検討すると、EVはむしろスポーツカーにこそ適していると思えるほどで、創業するころには先行きを楽観していました。でも、そう簡単にものづくりができるはずがない。甘かったですね(笑)。 ◇    ◇    ◇ 1977年、小間社長は兵庫県に生まれた。17歳で阪神淡路大震災を経験。人生に悔いを残すまいと手始めにピアノを練習し始めたのが、おとなしかった少年の転機となった。

甲南大学に進学し、友人とピアノデュオを結成。数年後の年末、神戸ルミナリエの演奏会で、パソナ創業者の南部靖之氏の知遇を得る。演奏中、偶然、近くを通りかかった南部氏に手を振ったのが、きっかけだという。その度胸に感心したのか、以後、南部氏は食事会などに小間社長を招くようになり、小間社長は人材派遣業に関心を寄せた。

それから間もなく小間社長が手掛けたのは、ミュージシャンの派遣事業。音楽仲間にアルバイトを斡旋するつもりで始めると、口コミで評判が広がり、やがて事業は軌道に乗る。一方、小間社長自身は運転資金を得るため家電量販店でアルバイトを始めた。ちょうど大手家電量販店が関西への進出に乗り出したころで、新規出店が重なり、量販店の多くは販売員不足に悩んでいた。販売員として好成績を上げる小間社長が学生のかたわら人材派遣も手掛けることを知ると、量販店から仕事の依頼が相次いだ。

やがて、量販店を通じて家電メーカーとのつながりもでき、小間社長は順調に顧客を獲得。その後、ミュージシャンの派遣事業は他社に譲渡し、その売却資金をもとに家電メーカーを対象としたアウトソーシング事業に転換する。そうしたなかで、小間社長はEVに着目するヒントを得ることにもなった。

2000年、小間社長はセールスプロモーション事業のコマエンタープライズを創業。人材派遣業を発展させ、本格的な事業化に取り組むが、年商が20億円ほどに育った09年、京都大学大学院に転じる。事業が拡大するなかで、経営者としての力不足を痛感していたからだった。以降、事業は部下に託して経営から身を退き、大学院に専念。そうして、京都大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリーに発足した京都電気自動車プロジェクトに出合う。同プロジェクトを主導する松重和美元教授から事業化を任され、10年、グリーンロードモータースを設立した。 ◇    ◇    ◇ 京都電気自動車プロジェクトでは、実際にEVを何台かつくっていました。もちろん、学生を中心としたものづくりですから、すぐに商品化できるようなレベルではなかったものの、経験豊富な技術者に加わっていただけたら、半年後くらいにはモノになると思っていたんです。そこで、技術者を募集したところ、トミタ夢工場の元社員が応じてくれて、彼からトミーカイラZZについての詳しい話を聞きました。コンセプトも素晴らしくて、富田さんと解良さんの情熱もかっこいい。ぜひ、それをEVで復活させたいと強く思うようになりました。

でも、試作車が完成すると、大きな問題が2つあることに気づきました。

1つは、最先端の安全基準に合格できないことです。オリジナルのトミーカイラZZが発売中止に追い込まれてから、すでに10年以上が経っています。その間に認証基準のハードルは高くなっていて、技術的にも格段に進歩していたんですね。その基準をクリアできないと、発売できません。

そして、もう1つは、完成度の問題でした。一見、かっこよくて、加速感もあるのですが、米国でテスラに乗ったときに感じたような快適な加速感ではなく、いわば危険を感じる加速感なんです。スポーツカーというより、ゴーカートですね。それでは、とても商品化なんてできません。私は、自分自身のものづくりに対する認識の浅薄さをつくづくと痛感しました。

いずれも事業としての根幹にかかわる問題で、半年や1年でクリアできるほど易しくない。そのうち、だんだん資金が足りなくなって、ベンチャーキャピタルに出資をお願いして回ったのですが、見向きもされませんでした。担保がありませんから、当然、銀行からの融資は望めません。制度融資なら見込みはあるものの、数100万円程度ではほとんど焼け石に水といった状況で、ほとほと困ってしまいました。

でも、このときもまた私はご縁に恵まれて救われたんです。エンジェルと呼ばれる個人投資家の方々に応援していただくことができたんですね。そのときに出資していただいたグリコ栄養食品元会長の江崎正道さんには、いまも取締役になっていただいています。また、ソニー元会長の出井伸之さんにはご人脈を紹介していただいて、ずいぶん助かりました。

結局、そうした問題をクリアするまで2年半ほどかかったでしょうか。それもまた、京都大学の先生や自動車のエンジニアなど、様々な分野の専門家に協力していただいたからで、たとえば認証基準をクリアする過程では、トヨタ自動車で車体の設計を担当していた技術者の知識と経験がおおいに役立ちました。トミーカイラZZは、まさに様々なご縁のおかげで完成したんです。

京都だから実現した幻のスポーツカーの復活

 トミーカイラZZの開発にあたって小間社長が実現したのは、「水平分業型」のビジネスモデルだった。モーターや二次電池など、必要な部品はそれぞれの専業メーカーに任せることで開発費を抑えた。そして、グリーンロードモータースは車体技術の開発に重点を置き、車体のみで安全性を確保する技術を確立して、特許も取得。車体技術をコアに、異分野の専業メーカーを引き合わせ、その技術をコーディネートすることで、「幻のスポーツカー」は復活した。 ◇    ◇    ◇ 不遜(ふそん)な表現かもしれませんが、トミーカイラZZは京都で生まれるべくして生まれたスポーツカーなんです。

実は、京都にはスポーツカーを生み出すにふさわしい3つの顔がある。1つは「テクノロジーの京都」。京都はEVに不可欠な部品のサプライチェーンが充実していて、京都の企業だけでEVをつくることができます。

2つめは、意外に思われるかもしれませんが、「スポーツカー文化の京都」。トミタ夢工場のほかにも、童夢(どうむ)やコジマエンジニアリングといった有力な会社は京都で生まれているんですね。必然的にエンジニアも京都に集まります。そうした集積は、京都でEVスポーツカーをつくるうえで、大きな付加価値となっています。

そして、3つめは「環境モデル都市の京都」です。ご承知の通り、京都は環境問題に対する意識の高い都市として、世界的にも有名です。この街でEVをつくること自体にメッセージ性があって、事業としても非常に意義深いと思っています。

それだけに私どもの責任も重大で、トミーカイラZZをきちんと社会に送り出すことが、協力してくださった方々への恩返しになる。私自身、経営者としてはまだまだ未熟ですが、今後、しっかりと地に足の着いた着実なビジネスに育てたいと思います。

▲全長3870㎜、全幅1740㎜、全高1140㎜。重量は850㎏と超軽量を実現した。

もどる

サイトトップへもどる